読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲヱム日々是徒然

No VideoGame. No Life.

2011年総括・据え置き編


というわけで今年も去年の振り返りから行ってみましょうか。

  • PS3部門

■総括
まず何を買ったんだっけ? というところから思い出して行かないといけないのが
この機種を振り返る上で辛いところ。
とりあえず買ったゲームをなんとか思い出せる限りで列挙してみると

・KILLZONE3
戦国無双3Z
・三国無双6
・まもるクンは呪われてしまった! 〜冥界活劇ワイド版〜
・龍が如く OF THE END
ICO/ワンダと巨像 Limited Box


こ れ は ひ ど い


ここにEXVSやロロナと言った定番タイトルが入ってこないのが
不自由人の不自由人たる所以なのですが
さすがに2011年のPS3のハズレ率は猛省の領域。
もちろんマルチタイトルは基本的に箱三郎版を買うという関係上
必然的にPS3はオリジナルタイトルしか買わないことになると毎年考察しているとはいえ
2011年のハズレ確率はちょっと笑えないレベル。
なにせまともに「楽しんだ」といえるタイトルがICOしか無いし、これすらリメイク移植という有様。

    • 不自由人的PS3オブザイヤー2011

「該当作なし」で。
少なくとも購入したタイトルの中に「これはオススメです」といえるタイトルがマジで無い。
唯の一つもない。
アンチャーテッド3は2が面白くなかったので買わなかったんですが、
もし買ってればここに入ってたのかも知れません。

    • PS3バーボンオブザイヤー2011

【龍が如く OF THE END】
がぶっちぎりで受賞。
この操作性のひどさとバグの多さを放置したまま世に出たことが恐ろしいゲームやで……

  • Wii部門

■総括
これまた何を買ったんだっけ? と一瞬考えたものの
何やかやでコンスタントにタイトルは出ていましたよねという感想。
買ったタイトルを列挙してみると

THE LAST STORY
戦国無双3 猛将伝
イケニエノヨル
パンドラの塔 君のもとへ帰るまで
アースシーカー
ゴールデンアイ
Wiiリモコンプラス バラエティパック
みんなのリズム天国
ディズニー エピックミッキーミッキーマウスと魔法の筆〜
・ファミリーフィッシング
GO VACATION
星のカービィ Wii
ウイニングイレブン プレーメーカー 2012
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
いただきストリートWii


と、PS3よりタイトルが多いのである。これは去年もそうだったんだけど。
ただし確かに4月〜6月の飢餓感は本当に半端なかった。
もちろんこの時期は例の震災の影響で、そもそも国内の娯楽産業そのものがヤバかったわけですが。
パンドラの塔出てなかったらと思うと想像するだに恐ろしい。
ハズレ率も高くなく、明確な地雷は戦国無双3 猛将伝くらいじゃないですかね。
それをアースシーカーとラスストが追いかける感じ。


2011年末に「集まればWii」というプロモーションをかけていることからもわかるように
今世代機の中で、もっとも「ファミリー向け」ゲーム機として成功し、
お茶の間に君臨したのはWiiだったと思います。
この「ファミリー向け」を手抜きの代名詞と勘違いして勝手に爆死していくメーカーが多かったのは事実で、
最初っからゴーバケのクオリティでコンスタントにゲーム出せてれば
お前ンとこはもうちょっと高く評価してやれたんだバンナムこの野郎!
ファミリースキーはまぐれ当たりじゃなかったんじゃねーか!

    • 不自由人的Wiiオブザイヤー2011

ゼルダの伝説 スカイウォードソード
Wiiというゲーム機の集大成にして、Wiiというゲーム機を締めくくるに相応しいタイトル。
Wiiリモコンプラスを振り回し、敵との剣戟から鳥の操作まで何でもこなす。
Wiiスポーツリゾート」のチャンバラで垣間見えた未来の欠片。
リモコンを振り回しまくるゲームなので操作的に人を選びまくるタイトルなんですが
Wiiを持ってる人なら是非とも遊んでほしいタイトルです。
詳細レビューもそのうち書きます。
ハートを求めて草を刈りまくり壺を割りまくる一体感を是非。
現時点で他のゲームでは味わえない、体感ゲームと古典的アクションRPGが融合した最適解がここにある。

    • 不自由人的Wiiバーボンオブザイヤー2011

THE LAST STORY
戦闘は楽しい。音楽も本気植松の仕事でイケてる。グラフィックも綺麗。
これでシナリオさえヒゲ節全開でなかったらと思うと悔やんでも悔やみ切れないタイトル。
個々のパーツは本気でよく出来てて面白いのにシナリオの陳腐さがすべての魅力を殺して余りある。
何故プロの監修を求めなかったし……ロスオデはそれでうまくいったし
ゼノブレもそれで良い方向にブレーキかかってたやないか……

    • 不自由人的Wiiピックアップ2011

【ファミリーフィッシング】
GO VACATION
遅すぎたバンナムの本気。フィッシングは開発が中さんとこのプロペだけど。
とくにGO VACATIONの方は盛りだくさんでよく出来ててほんとうに楽しい。
ちゃんと作ればこのクオリティで出せるのに、縁日とか出しちゃうからそっぽ向かれるんだよ……
この2つはほんとうに楽しいので良かったら買ってみてください。

■総評
ご存知我等が箱三郎。そろそろMSが国内から撤退しちゃうんじゃないかと
根拠のない不安にかられたりもしますが私は元気です。
まず購入タイトルはこちら。


・Dragon Age: Origins
・ぎゃる☆がん
怒首領蜂 大復活ブラックレーベル
・円卓の生徒
MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
・キャサリン
・バレットストーム
むちむちポーク!&ピンクスゥイーツ
・エスカトス
バレットソウル
・HOMEFRONT
オトメディウスX
エルシャダイ
・Portal2
赤い刀
ファントムブレイカー
ダンスセントラル
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
L.A.ノワール
・EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON
・アリス マッドネスリターンズ
・OPERATION FLASHPOINT:RED RIVER
Gears of War 3
Forza Motorsport 4
・迷宮クロスブラッド リローデッド
・ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3
METAL GEAR SOLID HD EDITION
CALL OF DUTY MODERN WARFARE3


「あれ?」と思う人がいるかも知れませんが
多分そのゲームはPC版を買ってますので後述。


なのでこのリストはいわば主役不在状態なのですが、
その中でも「ぎゃる☆がん」が異彩を放ってまして、
ぶっちゃけ失敗でした。インティクリエイツでも失敗はあるんや。仕方ないんや。


打率はそこそこ。「ぎゃる☆がん」と「キャサリン」「オトメディウスX」が
明らかなボール球である以外は、あと明確なハズレは「EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON」
程度かなと。あ、バレットストームも国内版は産廃でしたね。
オリジナルSTGタイトルである「エスカトス」「バレットソウル」がどちらもかなり良い出来で、
2011年前半の箱三郎はエスカトスに救われている部分が個人的に大きいです。
個人的に伏兵だったのが「Forza Motorsport 4」で、
シミュレータ系車ゲームを「楽しい」と感じたのは初めてかもしれません。

    • 不自由人的箱三郎オブザイヤー2011

L.A.ノワール
正直なところ、ガチンコのミステリ系アドベンチャーゲーム
ずいぶん長いこと停滞していたと個人的には思ってまして、
そんな状況に一石を投じたこのタイトルを評価したい。
ポリゴンモデルの表情から発言の真偽を判断するゲームが
成立してしまうのだから技術というのは恐ろしい。


Quantic DreamがPS3に送り出した「HEAVY RAIN」が
映像表現に最新技術を惜しみなく注ぎ込みつつも
ゲーム内容はオールドスクールなミステリ系ADVの延長線上にあったことを考えると
このゲームの持つ可能性や将来性にはかなり期待しているものがあります。


ただこのゲーム、フェイシャルアニメの出来だけで推せた可能性は十二分にあるのに
欲張ってオープンフィールドに銃撃戦にと理想のすべてを注ぎ込んだ結果、
開発元のTeam Bondiは閉鎖してしまった。
ROCKSTARがこのゲームの芽を絶やさないことを祈るばかりだが、
Remedyの手を離れつつも開発が続いている「MAX PAYNE3」のこともあるし
まあ悪いようにはしないはずだ。このゲームはもっと伸ばしてほしい。


次点は「Gears of War 3」。
荒削りでストイックな1、カジュアルに振りきれなかった2ときて
ようやく万人向けタイトルとして完成した感があります。
ちょっとDLC商売が露骨すぎてウチの印象が悪いのが受賞を逃した理由。


    • 不自由人的箱三郎バーボンオブザイヤー2011

エルシャダイ】これしかあるまい。
アートワークは本当に絶品の一言、サウンドも素晴らしいの一言、
これで肝心のゲームがもうちょっと良い出来ならゲームオブイヤーまであったのになあ。
横スクロールステージも戦闘ステージもやることが基本的にまーったく変わらないので
ゲームプレイに飽きが来てしまうという残念感。
Wiiの朧村正といいフラジールといいそしてこれといい、
雰囲気やアートワークが凄まじいのにゲーム内容があと一歩みたいなゲームが
一年に一本は必ず出てる気がする。大変にもったいない。
このゲームも絶対もっと面白くできたはずなんや……何がいけなかったんや……


ちなみにその他のバーボンオブザイヤーノミネートタイトルは
EDF:IA(まずEDFの冠を外せ)」
「キャサリン(パズルゲーム? これで?)」
「アリス(雰囲気はいいのに以下略)」
MvC3(10ヶ月後に完全版乙)」
CoD:MW3(EMPェ)」
オトメディウスX(何この未完成品)」など。

    • 不自由人的箱三郎ピックアップ2011

【エスカトス】で。
早回し! 近接破壊! ボム禁止! と
近代STGがどこかに置き忘れてきてしまった要素がこのゲームには詰まっています。
純粋なプレイ時間だけ考えると去年最も遊んだ箱三郎タイトルであり、
恐らく最ものめり込んだ箱三郎タイトルでもあります。
縦シューに抵抗のないあなたもどうですか。是非どうですか。

  • PC部門

去年中頃にPCのパーツを一部新調し、
グラボがHD4850→HD6850にランクアップしたことを機に、
一部のゲームはPC版を購入するようになりましたので今回から新設。
PCで購入したタイトルは以下のとおり。


BATTLEFIELD 3
The Elder Scrolls V:Skyrim
Deus EX:Human Revolution
・Batman:Arkam City
・Serious Sam 3:BFE

    • 不自由人的PCゲームオブザイヤー2011

The Elder Scrolls V:Skyrim
前作Oblivionから、さらに「ロールプレイを楽しむための改善」を徹底的に施した
オープンワールドロールプレイングゲームの新たな代表作となるであろうゲーム。
デフォルトのUIと操作がPCゲー的に産廃寸前レベルとか
これでゲームが面白くなかったらリコール間違いなしなバグの山とか
目に付く部分がないではないですが。
個人的にも前触れ無くゲームが落ちるのはやめて欲しい。心臓に悪い。

    • 不自由人的PCバーボンゲームオブザイヤー2011

【BATTLEFIELD3】で。
このゲームのタイトルが「BATTLEFIELD BAD COMPANY 3」であったなら、
ウチはここまでこのゲームに落胆はしなかったはず。
ウチがやりたかったのはBF2直系の続編であって、BFBCの続編じゃないんですよ。
司令官の指示で動く捨て駒になって前線でドンパチやりたいわけですよ。今の「分隊」とは違うんですよ。

    • 不自由人的PCピックアップ2011

【Serious Sam 3:BFE】
実はスカイリムと最後まで争ったゲーム。
過去作の魅力であったオールドスクールな撃ちまくりFPSのスタイルを極力崩さず、
それでいて新たな魅力を貪欲に取り込もうとしている
ウチの考えるここ数年のシングルFPSで最高の1作。
地球外な何かに至近距離からショットガンをお見舞いして粉々にする快感、
造形のよくわからん化け物が雲霞の如く押し寄せるど真ん中にロケットランチャーをぶち込む快感、
すべての行動にダイレクトにリアクションが返ってくる爽快感がここにある。


スプリントや地形破壊など、最新ゲームのトレンドも取り込み、
それでいてSerious Samならではの要素に昇華しているのもポイント高い。
柱から柱に移って攻撃してくる敵が鬱陶しい?
ランチャーで柱ごとぶっ飛ばせばいいんだベイベー(Kaboom)!!
みたいな、どの要素にもSerious Samらしさがきちんと溶け込んでいるのが非常に好印象。


このゲームがSkyrimに負けた理由。それは序盤のつまらなさ。
前作までと決定的に違うのがここで、ウチ自身最初の30分くらい
「これはCroteamやっちまったか!?」と不安になりながらゲームを進めていたからよくわかる。
最初の遺跡探索の時だけで何度ゲームやめようかと思ったかわかんないくらい。これが本当にもったいない。
ただこのゲームはそれ以上の魅力を持っているのは間違いないので、
そこは我慢して進めてみてくれないかと自信を持って頭を下げる次第です。