読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲヱム日々是徒然

No VideoGame. No Life.

バーチャルボーイ2たりうるか? NINTENDO 3DS 発表

バーチャルボーイの魂はまだ生きていた!
立体視の浪漫を京都の悪の組織はまだ諦めていなかったのだ!!


というわけでDSの後継機にして裸眼にて3D映像を可能とするバーチャルボーイの後継者
ニンテンドー3DSが発表され申した。


されはしたもののやはりどういうゲームを出してくるかが大きく不安であり期待するポイントでもあり。
ウチが愛してやまないバーチャルボーイも、やっていること自体は旧来のゲームと何ら変わるところが無かった。
「より立体的に見える」という点が演出として強化されていただけで、
プレイ自体には立体視が活かされているゲームは殆どなかったように思う。
レッドアラームだけは別格*1だが。
既存のNDSとの後方互換性は備えると言うことなので入力デバイスがほぼ続投確定なのは喜ばしいところだけれど
バーチャルボーイで果たせなかった「3Dならではのインタラクション」を備えたゲームを
タッチペンオペレーションで作ってくるのか、それとも未発表の操作デバイスを搭載してくるのか。


なんだかんだで任天堂は「自分で作ったことの責任はとる」メーカーだと思っていて、
あの何処向いてるのかいまいちわからなかったGC-GBA間のコネクティビティ構想ですら
4つの剣+」という集大成にして決定版ソフトを世に送り出す事に成功もしているし
最近でもちょっと操作に癖があるけどカメラ機能を見事に活かした「アッタコレダ」をDSiWareで配信してたりもする。
何かしらの新しい世界を魅せてくれることは間違いないので
まずは続報が入ってくるであろうE3を首を長くして待とうと思います。


これを実際にこの目にするまで死ぬわけにはいくまいて。

*1:画面のほぼ全てがワイヤーフレームで構成されているため、このゲームに関しては遠近を感じられないと殆ゲームにならない