読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲヱム日々是徒然

No VideoGame. No Life.

罪と罰 宇宙の後継者 体験版やってきた

ゲーム Wii ゲーム感想

予約に値する出来。


プレイできたのはオープニング〜1面終盤の中ボスまで。
難易度は敢えてハードで挑戦。全体的に敵がちょっと硬く&体力の減りがガチ&回復アイテムの回復量減少。
あとボスの攻撃パターンも変化。

まず操作の確認。プレイしたのはリモコン&ヌンチャク。
Bボタンで押しっぱなしでショット。Bボタンちょい押しでソード。今回ソードは自動では出ません。
3回まで連続攻撃できるもののコンボの終わりに隙も出来たため、
前作のようにミサイル来たから連打とか接近されたから連打とかやってると集中砲火を喰らって昇天します。


Aボタンちょい押しでロックオン、長押しでチャージショット。
チャージショットはかなり強いが一度撃つとクールダウン時間が発生するため連発は出来ない。
スティックで移動。空中浮遊も可能(出来ないステージもある)。
移動中にCボタンでその方向に緊急回避。移動中も攻撃可能。


さてプレイ感覚であるが、照準を合わせる事がゲーム性の一つだった前作と比べると
ちょっと内容が変わっているかなという面はあるものの1面だけ見た感じでは素晴らしい出来。
キャラクターはイサでプレイしたのだが
押し寄せる敵をショットで捌きつつ敵の密集地帯へチャージショットをドコーン
怪鳥ボスにもチャージショットをブチあてて道路から落として追加ダメージ
人間ボスにもソード連打でダウンしたところにチャージショットがボカーン
チャージショット一発でボスの体力がスッキリ減るのと射撃感覚からこれだけでもかなりの爽快感が得られるところを
遠くて硬い敵にはミサイル撃ち返しで応戦とかこういうヒネった敵を倒すと得点アイテムが出るとか
撃ち返し弾はリモコンで狙っている方向に飛んでいくためキチッと照準合わせのゲーム性も残っているし
怪鳥ボスには「地面を転がってくる巨大ダンゴムシをソードで撃ち返してボスに当てて道路から落とす」
という別解(チャージショットの仕様が違うカチ用かと)が用意されているところを考えると
プレイヤーキャラクターごとの攻略の幅もきちんと用意されているようでウチはとても漲ってきた。


少なくとも体験版をやる限りではこれは買わざるを得ない。
罪と罰 宇宙の後継者は10/29日発売。